チュチェ思想研究

チュチェ思想国際研究所

エドモン・ジューブ教授が著書「朝鮮民主主義人民共和国:
“あなたにとってどのような国なのか?”」を発行

ヨーロッパ・チュチェ思想研究学会理事長であるエドモン・ジューブ氏は、パリ・デカルト大学名誉教授であり、人権活動家でもあります。

フランスでもっとも権威のあるレジオン・ドヌール勲章を受章され、重鎮として知られています。

これまでにも国際関係を中心に30冊ほどの著書があります。

この度、著書「朝鮮民主主義人民共和国“あなたにとって、どのような国なのか?」をラルマッタン社から発行しました。

エドモン・ジューブ氏は著書で、35年間で17回訪れた朝鮮民主主義人民共和国にたいして思いをこめて紹介しています。

序文で、「フランスでは『北朝鮮』の名で知られる朝鮮民主主義人民共和国について、固定観念を捨てて見直すための一冊です」

「私が世界中を旅してきた中でも(地球から月への10回分の旅行に相当する)朝鮮への旅は最も驚くべきものでした。私の友人全員に完全に理解されているかどうかはわかりません。私とこの国との関係について、少しベールを脱ぐ時が来ました」と記しています。


 【著書の内容】

  訪朝記(1984年、1989年)

  朝鮮、社会主義の最後の砦

  朝鮮の政治と憲法の動向

  チュチェ哲学

  写真で見る朝鮮

 

ルーマニアにおいて金日成主席逝去27周年にかんする集まりを開催

2021年7月、ルーマニアにおいて金日成主席逝去27周年にかんする集まりが開催されました。

ヨーロッパ・チュチェ思想研究学会理事であり、ルーマニア社会主義党最高評議会議長、ルーマニア・チュチェ思想研究会会長のヴァシレ・オルレアヌ氏をはじめ、チュチェ思想研究者、朝鮮との友好団体の人々が参加しました。

ヴァシレ・オルレアヌ氏は、つぎのように述べました。

金日成主席は逝去されたが、世界の自主偉業の遂行に積んだ大きな業績にたいして、年代と世紀を超えて万民の心からの敬慕を受けておられます。

金日成主席の賢明な指導があったからこそ、朝鮮は自立的民族経済と自衛的国防工業の基盤を強固に備え、経済建設と国防建設を力強く進めながら強国としての威容を余すところなく披露することができました。

金日成主席の業績は、すべての人民の心に永遠に記憶されていくことでしょう”

ルーマニア・チュチェ思想研究会主催の集まり

 

朝鮮の新しい対米戦略とバイデン政権の対朝鮮政策をテーマに
チュチェ思想国際研究所が定例研究会を開催

2021年8月1日、チュチェ思想国際研究所主催の定例研究会が東京で開催されました。

定例研究会には関東をはじめ、大阪、高知、静岡、福島などのチュチェ思想研究者、日本と朝鮮の学者、日朝友好人士など、幅広い人々が参加しました。

また、チュチェ思想国際研究所理事である鎌倉孝夫・埼玉大学名誉教授からメッセージが寄せられました。

定例研究会は、チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長の司会によってすすめられました。

尾上健一事務局長は、「今日は暑い中、コロナ禍にもめげず、勇気をだして参加していただき、ありがとうございました。それだけでも、同志的な感情が湧きあがります。参加された皆さんに感謝いたします」と挨拶しました。

開会にあたって朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長の日森文尋氏が「朝米間で約束した事項について、朝鮮側は実現してきた、今度は米国がしっかりと約束をはたさなければ、事態は一向に前進しない、米韓合同軍事演習が朝鮮統一の大きな妨げになっている、阻止するために、明後日アメリカ大使館前で抗議行動を計画している」と挨拶しました。

続いて、朝鮮大学校の韓東成学長が、朝鮮大学校は今年創立65周年を迎え、海外同胞民族教育において人材育成事業をますます促進していこうと、連日協議している、大学では、オンライン授業ではなく、対面授業をしていると学生の立場にたった運営をしていることを紹介しました。

定例研究会では、中戸祐夫・立命館大学国際関係学部教授が「バイデン政権にみる対朝鮮政策の課題と展望」と題して、在日本朝鮮人総聯合会中央本部国際統一局長のソチュンオン氏が「戦略国家・朝鮮の新しい対米戦略とバイデン政権の旧態依然の対朝鮮政策」と題して、講演をおこないました。

中戸教授は、2021年1月20日に発足した米国バイデン政権がおこなった対朝鮮政策の見直し作業が終了したことを踏まえ、バイデン新政権の対朝鮮政策の特徴について分析しました。

中戸教授は、米国の対朝鮮政策を分析するにあたって、これまで米国、韓国、日本の朝鮮問題の専門家や学者が参加するシンポジウムやセミナーを開催してきたが、このような集まりに朝鮮側の代表が参加していないため、朝鮮にたいする個々のイメージをもって議論を進めざるをえなかった、それが残念なことであったと述べました。

そして、さまざまな米国の政府高官の発言などをとおして、バイデン政権の対朝鮮政策の輪郭がみえてきたと述べ、つぎのように続けました。

「米日韓の国際協調の価値を重視する、また、同盟を重視するというところで共通項をつくって中国や朝鮮の台頭を防ごうというのが、バイデン政権の対朝鮮政策の基本的な考え方ではないかと思います」

「『朝鮮半島の完全な非核化』という用語をめぐり、少なくとも米韓の間では、朝鮮の完全な非核化ではなく、朝鮮半島の完全な非核化の内容で用語の理解が統一されつつあります」

「今後米国が対朝鮮敵視政策をどう転換し、それを朝鮮がどう認識するかによって、朝米関係が進展していくと明確にいうことができます」と述べ、講演を締めくくりました。

ソチュンオン国際統一局長は、1.戦略国家としての新しい対米戦略:正面突破戦略、2.バイデン政権の世界戦略と旧態依然な対朝鮮政策、3.朝鮮半島情勢の行方の体系で報告しながら、つぎのように述べました。

「朝鮮は、核武力を完成した戦略国家として、主体的な力と内的動力をフルに強化発揮して、米国の核威嚇と敵視政策を無力化しようとしています。自分の力で米国の核脅威と敵視政策を無力化してしまおうという、戦略国家としての対抗戦略をうちだしました。具体的には、米国を制圧する軍事戦と外交戦を展開するということであり、朝鮮は、軍事力と外交力をいっそう強化、発揮して、米国の敵視政策を転換へと追い込もうとしています」

そして、金正恩総書記が朝鮮労働党中央委員会第8期第3回総会でおこなった報告のなかから、「国家の尊厳と自主的な発展・利益を守り、平和的環境と国家の安全を頼もしく保証するためには対話にも対決にも全て準備ができていなければならず、特に対決にはより手落ちなく準備ができていなければならない」を紹介しながら、このような流れのなかで、対話の可能性があるとして、北南首脳の親書交換と北南間通信連絡線の再稼動が始まったことについて言及しました。

定例研究会ではまた、金日成金正日主義研究東海連絡会代表世話人の鈴木敏和氏、関東学院大学教授の大内憲昭氏、在日本朝鮮社会科学者協会理事長のリヨンス氏が意見を述べました。

鈴木敏和氏は、日本におけるチュチェ思想研究普及活動の初期に青年たちに影響を与えた在日朝鮮人の黄那氏の墓まいりをしたことについて述べながら、さらに広範な人たちとチュチェ思想研究普及活動を促進していく決意を述べました。

リヨンス氏は、重要なポイントは、金正恩総書記のうちだした朝鮮労働党第8回大会の方針をどう理解するのかにかかっているとしながら、在日朝鮮人の社会科学者として、金正恩総書記が提唱された朝鮮を社会主義強国にする戦略的方針にたいして、自分自身も今後15年間たたかって、その日を迎えていきたいと力強く述べ、定例研究会をしめくくりました。

チュチェ思想国際研究所主催の定例研究会は、チュチェ思想研究者や日朝友好人士が一堂に会し、互いの気持ちが通いあった集まりとなりました。