チュチェ思想研究

金日成金正日主義研究普及活動でさらなる飛躍を
チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事をモンゴルで開催

チュチェ思想国際研究所は、2018年4月9日、創立40周年を迎えるなか、チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事が、2018年4月8日、モンゴルの首都ウランバートルにおいて盛大におこなわれました。

記念行事には、チュチェ思想国際研究所のラモン・ヒメネス・ロペス理事長、ハリシュ・グプタ副理事長、尾上健一事務局長はじめ、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパのチュチェ思想地域研究所役員を含むチュチェ思想国際研究所理事会メンバー、朝鮮社会科学者協会のチュチャンイル副委員長など、各国のチュチェ思想研究者が参加しました。

またモンゴルからは、チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事モンゴル準備委員会委員長のマシュバット・サラグタン氏、モンゴル・チュチェ研究センター理事長のボルド・ナバーンスレン氏、ルーク・ラハースレン弁護士、国際ウランバートル大学のボロルマ教授などの各界人士が参加しました。

日本からは、チュチェ思想国際研究所理事の鎌倉孝夫・埼玉大学名誉教授、アジア・チュチェ思想研究所理事の家正治・神戸市外国語大学名誉教授、金日成金正日主義研究関東連絡会共同代表の花輪不二男氏をはじめ、各地のチュチェ思想研究者が団を編成して参加しました。

また、8日の記念行事に先がけて、7日、ラモン・ヒメネス・ロペス理事長に国際金日成賞をおくる授与式と、チュチェ思想国際研究所理事会第21回会議が開かれました。

チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事

チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事は、モンゴルの民族楽器、馬頭琴が奏でられるなか、厳かにその幕を開けました。

記念行事において、尾上健一・チュチェ思想国際研究所事務局長は、開会の辞でつぎのように述べました。

「チュチェ思想国際研究所の40年の歩みは、世界におけるチュチェ思想研究普及活動の発展に、大きな関心と配慮をめぐらせてくださった金日成主席や金正日総書記とともにありました。…また、金正恩委員長の深い配慮のなかで、今日まで歩み続けてきました」

続いて、チュチェ思想国際研究所創立40周年に際し、ラテンアメリカ・チュチェ思研究所名誉理事長であり、チュチェ思想国際研究所共同創立者のホセ・フランシスコ・アギラル・ブルガレーリ氏をはじめ、世界の28か国、55団体から祝賀メッセージが送られてきたことが紹介されました。

朝鮮社会科学者協会を代表して、チュチャンイル副委員長が祝賀演説をおこないました。

チュチャンイル副委員長は、「チュチェ思想国際研究所は創立以来40年ものあいだ、金日成主席と金正日総書記が創始し深化発展させ、金正恩委員長によって新たな高い段階へと発展豊富化されているチュチェ思想を、民族的な枠を脱した世界的な学説として昇華させ、チュチェ思想の真理性と生命力を世界的な版図で確証し、チュチェ思想によって導かれる人類の自主化偉業の実現をめざす運動を世界的な潮流として転換させるうえで大きな業績をなし遂げた」と述べました。

モンゴルでは、チュチェ思想研究会が長い間活動を続けており、モンゴル人民は主体を堅持して自主的な道を歩んでいます。チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事をモンゴルで開催する意義はここにあります。

つづいて、チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事モンゴル準備委員会委員長のマシュバット・サラグタン氏による祝賀演説がありました。

マシュバット・サラグタン委員長は、つぎのように述べました。

「アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパから代表が参加し、いまこの場でわたしたちは歴史的な瞬間をともにしています。

チュチェ思想国際研究所、そしてその40年の歩み、世界中のメンバーは、チュチェ思想の真理性と栄光を如実に示しています。

朝鮮が公式にかかげているチュチェ思想、自力更生の思想は、主体性と民族性を重視する独創的な革命思想です。わたしはまた、チュチェ思想は朝鮮人民の思想であるばかりでなく、世界のすべての人民の思想であることを強調します」

つづいて、ラモン・ヒメネス・ロペス理事長が、「金日成金正日主義の旗を高く掲げ、世界の自主化偉業を力強く推進しよう」と題して報告しました。理事長は、金日成金正日主義の偉大さと真理性について述べた後、チュチェ思想国際研究所が創立40周年を迎えたことに関連して、つぎのように言及しました。

金日成金正日主義が人類の心をとらえたもっとも進歩的な思想としての生命力を発揮している現実は、チュチェ思想国際研究所が創立されて40年という間にたたかってきたチュチェ思想研究者の不眠不休の活動と切り離しては考えられません

チュチェ思想国際研究所の創立は、各国と各地域でさまざまな形式と方法、互いに異なる範囲と水準でおこなわれていたチュチェ思想研究普及活動が国際的な規模で一つの整然とした体系をもち、組織された陣容をもっておこなわれることを知らせる誇るべき宣言でした。これは時代を代表する偉大な思想を全世界的な範囲で統一的に研究普及し、全世界の自主化をおしすすめるうえで画期的な契機となりました」

理事長はさらに、金日成金正日主義を研究普及する活動の形式と方法を改善することについて、つぎのように言及しました。

金日成金正日主義を研究することは、その真理性を認識することに目的があるのではなく、真理を具現して自国と民族の自主的発展と繁栄を遂げることにあります」

つづいて、ヨーロッパ・チュチェ思想研究学会理事長のエドモン・ジューブ氏、アフリカ・チュチェ思想研究委員会書記長のロヘケレ・カロンダ・アンドレ氏、ラテンアメリカ・チュチェ思想研究所書記長のエレアサル・ルビオ・アルダラン氏、チュチェ思想国際研究所理事の鎌倉孝夫氏、モンゴルの弁護士であるルーク・ラハースレン氏がスピーチしました。

エドモン・ジューブ教授は、ヨーロッパ・チュチェ思想研究学会理事長を30年以上にわたって務めるなか、チュチェ思想を研究普及し、西側の制度とまったく異なる朝鮮が社会主義の模範であることを世界に知らせようと全力を投じてきたことについて語りました。

ロヘケレ・カロンダ・アンドレ氏は、つぎのように述べました。

「チュチェ思想研究者たちは、相互地域間、国家間および大陸間の連帯を強化すべきです。チュチェ思想研究者はいかなる状況にあっても、うれしいときも悲しいときも、永遠の友であることを常に肝に銘じなければなりません」

エレアサル・ルビオ・アルダラン氏は、ラテンアメリカ・チュチェ思想研究所の活動に関連して、「チュチェ思想と先軍思想にたいする普及と研究分析をさらに強化して、ラテンアメリカ人民に、われわれの自主性を実現できる新たな世界をきずくことができると示すべきである」と述べながら、コロンビア、メキシコ、ベネズエラ、ブラジルの活動について言及しました。

鎌倉孝夫教授は、「朝鮮民主主義人民共和国は平和の砦」と題するスピーチのなかで、朝鮮の強さの根拠として、「第一に、厳しく困難な状況にあっても、チュチェ思想にもとづく民衆中心の社会主義を堅持してきたこと」、「第二に、朝鮮式社会主義は、民衆を社会主義革命と建設の主体と位置づけていること」、そして、「第三に、民衆の意識・思想形成・確立に基本をおき、指導者、指導部(党)、軍、大衆の強固な思想的統一、全人民の金日成金正日主義化が図られているからである」と強調しました。

ルーク・ラハースレン氏は、「モンゴルはじめ、すべての国における自力更生の役割」と題するスピーチのなかで、わたしたちは、現代資本主義の没落を目の当たりにしていると述べながら、資本主義の没落が不可避的な当然の帰結である、モンゴルは、実行可能な計画を発展させ、人民の自決権を促進させることができなかったため、資本主義の餌食になったと語りました。そして、あらゆる段階において、自己決定と自己決定権が、どのような国家、共同体、個々人においても決定的に重要だと強調しました。

記念行事では、金正恩委員長におくる手紙が採択されました。

閉会の辞が、チュチェ思想国際研究所のハリシュ・グプタ副理事長によっておこなわれました。

ハリシュ・グプタ副理事長は、「わたしたちは、本日のチュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事を世界におけるチュチェ思想、金日成金正日主義研究普及活動における一つの到達点としながら、自主性を志向するすべての進歩的人士が今後ますますチュチェ思想国際研究所との連携を強めていく、新たな飛躍のときととらえています」と述べました。そして、参加者にチュチェ思想、金日成金正日主義研究普及活動に邁進していくことを呼びかけ、閉会を宣言しました。

記念行事終了後、1970年代から現在にいたるチュチェ思想研究普及活動の状況を収録したビデオが上映されました。

チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事関連記事

国際金日成賞授与式

チュチェ思想国際研究所創立40周年の歴史的な節目に、チュチェ思想国際研究所のラモン・ヒメネス・ロペス理事長が国際金日成賞を授与されました。

2018年4月7日におこなわれた授与式には、ラモン・ヒメネス・ロペス理事長の国際金日成賞受賞を心から祝賀する人々が臨席し、お祝いの言葉を贈りました。

国際金日成賞授与式は、荘厳な「金日成将軍の歌」の調べにのせてはじまりました。

司会者は、国際金日成賞は、チュチェ思想を創始し、人類の自主偉業の実現に永遠の業績を積み上げた金日成主席の尊名を冠した賞であることにより、国際的に権威があり、高い尊厳をもつ賞となった、この度、チュチェ思想研究普及活動と世界の自主化偉業に貢献したチュチェ思想国際研究所のラモン・ヒメネス・ロペス理事長に授与されることになったと語りました。

国際金日成賞理事会及び国際金正日賞理事会書記長のムケシュ・シャルマ氏は、「国際金日成賞理事会は、金日成主席の誕生日に際して、人民の自由と解放、世界の自主化と平和のために格別の貢献をした著名な人士に国際金日成賞を授与することを使命・任務としている」と言及しました。

そして、「ラモン・ヒメネス・ロペス理事長は、1990年からチュチェ思想研究会活動にかかわり、金日成金正日主義の研究普及に大きく寄与された、メキシコでもセミナーを開催する活動を活発におこない、ラテンアメリカ・チュチェ思想研究所理事長としてもりっぱな業績を残された、偉大な賞をおくることができ、大変嬉しい」と祝賀のあいさつを述べました。

ラモン・ヒメネス・ロペス理事長に国際金日成賞の賞状とメダル、トロフィーが手渡されると、会場の参加者から大きな暖かい拍手がおくられました。

次いで、朝鮮社会科学者協会のチュチャンイル副委員長が祝賀演説をおこないました。

チュチャンイル副委員長は、ラモン・ヒメネス・ロぺス理事長が国際金日成賞を受賞したことにより、国際金日成賞がメキシコはもとより、ラテンアメリカにさらに広く知られるようになることを誇らしく思うと述べました。

続いて、チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長がつぎのように祝賀の言葉をおくりました。

「国際金日成賞の受賞は、チュチェ思想研究普及活動におけるラモン・ヒメネス・ロペス理事長の努力と業績の賜物であり、とりわけ今後、いっそう活躍することを期待した金正恩閣下の配慮であると思う。また、この受賞はラモン・ヒメネス・ロペス理事長の名誉であるとともに、チュチェ思想研究普及活動を進める世界の人たち共同の名誉であり、喜びである」

チュチェ思想国際研究所理事会第21回会議

2018年4月7日、チュチェ思想国際研究所理事会第21回会議が開かれ、2015年10月に開かれた第20回会議以降の事業と今後の計画についての協議がなされました。

チュチェ思想国際研究所のハリシュ・グプタ副理事長が事業報告をおこない、ヨーロッパ・チュチェ思想研究学会のエドモン・ジューブ理事長より事業計画の提案がありました。

事業報告では、すぐる総括期間、チュチェ思想国際研究所、チュチェ思想地域研究所、そして朝鮮社会科学者協会の三者の連携のもとに、金日成金正日主義を深く研究し、広く普及する活動をつみあげてきたことが述べられました。

事業計画では、反帝自主の闘争を勝利に導く思想理論的旗じるしは金日成金正日主義であること、各国を自主化し新しい社会をつくるためには、自主的な思想を獲得することに関心を集中させなければならないと強調されました。

そして、金日成金正日主義を深く研究し広く普及していくために、一、金日成金正日主義を研究普及する活動、二、全国組織の結成と全国セミナーの開催、三、出版物とホームページをとおしてチュチェ思想を普及する、四、チュチェ思想国際研究所の活動を強めることについて協議がおこなわれました。

チュチェ思想国際研究所主催の宴会

チュチェ思想国際研究所創立40周年記念行事終了後、チュチェ思想国際研究所主催の宴会がおこなわれました。

日本舞踊(寿扇の舞)

モンゴル・馬頭琴四重奏

朝鮮の器楽演奏

モンゴル舞踊